So-net無料ブログ作成

ロタウイルスの予防接種の接種期間 [健康]

スポンサーリンク




感染力が強く、特に乳幼児がかかりやすいと言われる「ロタウイルス」。
ロタウイルスは、1月から4月にかけて流行すると言われ、主に下痢や嘔吐、腹痛などを発症させることが知られています。
主な症状は、1~3日の潜伏期のあとに、激しい下痢や嘔吐、発熱が起こります。
嘔吐と発熱は、2日程度でよくなりますが、下痢はしばらく続きます。
激しい嘔吐と下痢のために脱水症になることがあり注意が必要です。

その「ロタウイルス」の予防接種には接種期間があることはあまり知られていません。
予防接種の認知度は高まっているものの、摂取期限があることを知っていたのは半数以下とのことです。

ロタウイルスワクチンは2種類あります。
・ロタリックス
・ロタテック
それぞれ経口(飲む)ワクチンです。

それぞれのワクチンで摂取期間は異なります。
■ロタリックス
生後6週~24週の乳児が対象で、生後6週から24週の間に4週以上の間隔をあけて合計2回接種します。
■ロタテック
生後6週~32週の乳児が対象で、生後6週から32週の間に4週以上の間隔をあけて合計3回接種します。

気になる副作用と費用ですが、
現状副作用については基本的に、重い副作用はほとんどありません。
嘔吐、下痢、発熱、食欲がない、咳、鼻水などがみられることがありますが、数日でよくなります。

費用に関しては1回当たり8,500円から15,000円程度で結構高額です。
住んでいる市によって価格は変わってくると思いますので1度市のホームページなども参考にしてみてください。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。